年末年始の営業予定です。

早いもので、今年も残すところあと半月となりました。

7月1日の開業以来、多くの皆さんにご利用頂きました。

本当にありがとうございます。

さて、プロップにしのみやの年末年始の営業予定は下記の通りです。

26日(金)休業日

27日(土)休業日

28日(日)本年最後の営業日

29日(月)~平成27年1月4日(日)この間休業日

新年は1月5日(月)からとなります。

では皆様よろしくお願いします。

風邪の季節です。感染対策指針について。

徐々に寒くなって参りました。今年も例年通りインフルエンザ等の流行が予想されるので、プロップにしのみやでは、皆さんに安心して利用して頂くため「感染対策指針」を定めています。利用者保護者の皆さまにおかれましても、ご理解とご協力の程よろしくお願い致します。

 

プロップにしのみや 感染対策指針

1 はじめに
プロップにしのみやは、多くの子どもたちが利用し、集団での活動が多いことから、 いろいろな感染症によるリスクについて、平時から備えなければならない。「日常からの予防対策」及び「発生時の拡大防止対策」の2点を中心におき、職員の指導にあたるとともに、利用している保護者(子ども)の理解と協力を頂きながら、以下の指針を定め対応していくこととする。なお具体的な手段手法については、別途マニュアルを定める。

2 感染予防及び拡大防止対策
(1) 職員
日常から体調管理に努めることはもとより、体調不良時には医療機関へ受診し、以下の通り予防と拡大防止対策に努めること。
ア 出勤時及び外出後等、必ず手洗いとうがいを実施すること。
イ せき・くしゃみなどの症状がある時には、感染の有無にかかわらずマスクを着用すること。
ウ 児童に接する前には必ず手洗いと手指消毒(予備室に設置)を行うこと。特に食事支援(お菓子作り等も含む)の前は厳にこれを守ること。
エ 体調不良及び風邪症状がある場合は、無理に出勤せず、管理者に連絡を行い、指示を仰ぐこと。また感染症(インフルエンザ・ノロウィルス等の学校感染症(※))が疑われる場合は、必ず管理者に連絡の上、医師の診断を受け、治療に専念をすること。出勤再開については、医師の判断のもと、管理者に経過を報告した上で出勤すること。
オ インフルエンザ予防接種については、体調に問題がない限り、実施(任意)すること。
カ 管理者は職員の学校感染症への罹患歴等の把握に努めること。

(2) 環境整備
ア 日頃から清潔に努めるとともに、扉、机、洗面所、トイレ、手摺など共有スペースや玩具など共有物については、子どもたちが利用終了後、アルコール除菌を実施すること。
イ 食器類は、洗浄後アルコール除菌を実施すること。
ウ 温度(18℃~22℃)・湿度(45%~60%)の適切な管理に努めるようにし、適宜加湿器やセラミックファンヒーターの使用を行うこと。

(3) 血液
感染対策で最も重要な対応は血液の取扱である。
小さな外傷や微少な鼻血でも、安易に取り扱わず、必ず必要な処置を行うこと。
その際、使い捨て手袋・マスクを着用し、使用後は必ず感染物処理対応を行うこと。

(4) 下痢・嘔吐物の処理
ア 下痢・嘔吐が見られた場合は、使い捨て手袋・マスクを用い、すべて袋に入れてしっかり密開し処理を行う。また使用した汚物タオルなどもすべて捨てること。汚れた衣類については、保護者に報告の上で対処すること。
イ 下痢・嘔吐は、乾燥すると飛散し感染拡大につながるため、処理したのち、床を十分に次亜塩素酸ナトリウム等で清掃し、換気すること。
ウ 送迎車内での嘔吐を想定し、車中にはアルコールスプレー、ごみ袋、汚物タオル、ティッシュ、手袋を用意しておくこと。
エ 上記事案について、管理者は原因の把握に努めること。
オ アルコールスプレーや石鹸については、一部の子どもが口にしてしまうことがあるため、予備室で保管管理を行う。

(5) 子どもの感染予防及び拡大防止対策
ア うがい・手洗い
来所時、外出後には、手洗いとうがいを徹底すること。うがいが困難な子どもについては、水分の摂取のみでも行うこと(水分摂取だけでも一定の効果あり)。おやつや食事時には、必ず手洗いを行うこと。
イ ハンカチ・タオル
手洗い後、各自持参したハンカチで手を拭いてもらう。持参していない子ども(忘れた人・常時ハンカチの携帯が困難な人)については、事業所内にあるハンカチを使用し、所定の場所に片づけてもらい、使い回しは行わない。
ウ 健康チェック
風邪症状(連絡帳記載、学校担任より引き継ぎ、スタッフの判断、本人からの訴え等) が見られた場合は必ず検温を実施する。その際、可能な子どもについては、マスク着用をしてもらう。検温38℃以上の場合は、重要事項説明書に基づいて利用を中止し、保護者にお迎えを依頼する。またインフルエンザ注意報が発令されている期間については、来所後必ず検温を行い、37.5℃以上の場合は利用を中止し、保護者にお迎えを依頼する。
エ 感染時(もしくはその疑いがある時)の対応
保護者より学校感染症(※)(インフルエンザやノロウィルス等も)に感染した(又は感染が強く疑われる場合も含む)と連絡を頂いた場合には、通所せず、通院し、医師の判断を仰ぐように伝え、利用はお断りする。
オ 利用の再開について
上記感染症に罹患後、学校に登校をしていない児童については原則利用をお断りする。利用再開については、学校に登校していることを目安とし、日曜日などの学校休業日から利用再開する子どもについては治癒証明書のコピー等の提出を依頼する。春休み・冬休みに罹患した場合においては、学校保健安全法に定める期間に準じ、(インフルエンザの場合、発症した後5日を経過し、かつ解熱した後2日を経過するまで)利用をお断りし、必要に応じて治癒証明書の提出を依頼する。
学級閉鎖・学部閉鎖に伴い、自宅待機している児童(インフルエンザに感染していない児童)については利用の推奨はしないが、事情により利用を希望される場合は、保護者と協議のもと、放課後の時間帯(13時30分~17時)のみ利用可能とする。但し、自宅へのお迎えについては要検討とする。
カ その他
子どもの体調及びその後の対応、保護者との調整については、必ずケース記録に記入すること。

3 その他
利用者の学校感染症の罹患状況については、保護者(子ども)より問い合わせがあれば、感染状況は伝えるが、「誰が感染したのか?」などの個人の情報は伝えない。

※学校感染症について
主な感染症について別紙(主な学校感染症一覧表)を参照して下さい。
文中のノロウイルスは感染性胃腸炎に入ります。

(別紙)主な学校感染症一覧表

12/20地域支援講座開催します。

aロゴチラシ用1

子どもたちが住み慣れた地域で伸び伸びとした生活を送ってもらうには、周囲の支援者や保護者の皆さまが障がい特性を正しく理解して支援することは欠かせません。
この度、プロップにしのみやでは、香川大学坂井聡先生をお招きして、「自閉症の特性と支援のアイデア」をテーマとした地域支援講座を開催致します。
現在は、ITを活用したさまざまな支援ツールやアプリも開発され、支援の現場でも活用され始めております。本講座では新たな支援のアイデアもご紹介して頂ける予定です。
皆さま、奮ってのご参加お待ちしております。

 

日時 : 2014年 12月20日(土)
14:00~16:30(開場・受付は13時30分から)

会場 : 西宮市民会館 4階 中会議室 401室

講師 : 坂井 聡 氏 (香川大学教育学部 教授)

定員 : 100名(先着順)
参加費:1,500円 (当日会場にてお支払下さい)

(プロップにしのみやご利用の保護者様は無料)

申込締切 : 随時 まだ空きがありますので是非ご連絡下さい。

申込方法:

1,申込用紙にご記入頂きFAX頂く

2,下記E-mailアドレスに

お名前・ご所属等・ご連絡先住所・電話番号・E-mailアドレスをご記入頂きお送り下さい。

【お申し込み・お問い合わせ】
「プロップにしのみや」:担当 熊倉(クマクラ)
〒662-0822 兵庫県西宮市松籟荘5-26 ヴェロニカビル2階
(TEL&FAX)0798-31-0162
e-mail: 2014event@propservice.jp

※ 時間帯によっては、お電話での対応が出来ない場合がございますので、出来る限りメールにてお問い合わせください。

 

ご案内・お申込用紙

・プロップにしのみや地域支援講座案内12/20(PDFが開きます)

aプロップにしのみや地域支援講座チラシ(最終)0922 (1)_ページ_1画像表

aプロップにしのみや地域支援講座チラシ(最終)0922 (1)_ページ_2画像裏

夏期休業について。

プロップにしのみやは以下の日程で夏期休暇とさせて頂きます。

ご連絡等が取れない場合がございますがご了承下さい。

・平成25年8月13日(水)~8月16日(土)

はじめまして!

プロップにしのみやへようこそ

7/1いよいよオープンします!

皆さんどうぞご期待下さい!

今後は

  • ごあいさつ
  • 中の様子(写真)
  • スタッフ紹介
  • 年間スケジュール

など掲載予定です。

ロゴminia